巧拙


足したり引いたり
直したりと、
時折させていただく
工程は
気持ちが入る
ありがたい瞬間です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です