Category : Blog

ブログ

攻究

 

 

 

 

 

 

JELADO
Age of Longing
301XX

 

 

前回の “2nd Type” に続き漸く、、
ご紹介できることとなりました。

 

今回は、オリジナルデニム“LAST RESORT (伝家の宝刀)”
(インディゴのカラーや生地の打ち込みの本数など全て解析したデータをもとに再現されています。)を使用し、
50年代当時の “革パッチ” をベースにパターンを踏襲しつつ、
デニムの生地のみならず縫製糸や番手など完全に再現し縫い上げられた1本、
Age of Longing 301XX” のご紹介です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

1950年代初期の “Levi’s501XX” のDEAD STOCKの生地を分解し、
米綿にこだわり綿から選定し、糸の太さ、繊維長の長さ、撚り回数をなど
科学的なアプローチにより辿り着いた、、

“LAST RESORT (伝家の宝刀)”と名を打つ至極のオリジナルデニム生地。
(インディゴのカラーや生地の打ち込みの本数など全て解析したデータをもとに再現されています。)

 

当時のヴィンテージを参考に
糸の色、糸の太さを合わせて縫製されており、
デニムの生地の向きや、ベルトループ付け方、ボタンの位置やステッチの幅など、
当時のディティールをとことん迄再現した一本に仕上げられています。

フロントボタンは鉄製のオリジナルボタン、使用したリベットは銅ずくのオリジナルリベット、
レーヨン製の赤タブなどもそのままヴィンテージ同様に再現しています。

バックポケットの特徴的な形も再現し、
一筆での縫い方、最後を三角で留めた縫い上げも再現。
そしてベルトループの配色が一か所だけ違う色違いの縫いまでも
再現し製作されています。

 

※“LAST RESORT (伝家の宝刀)”とは…..

 

 

 

 

 

 

2インチ程縮むデニムも久しぶりで、
お客様と共に洗濯&乾燥機で変化を検証。
更に、着画撮影もご協力いただきました。

シルエットは“Levi’s501XX”を象徴するテーパードのレギュラーストレート。
こちらも伝家の宝刀といったところでしょうか。
やはり馴染み深く、どこかホッとしてしまう佇まいです。

 

お客様の反応を見ると、、、

縮み具合に驚かれていましたが、
一番の驚きは “穿き心地” 。

ゴワゴワ感を全く感じさせない”滑らかさ” と
14オンスと思えないほどの”軽い穿き” 心地。

洗った後のゴワゴワとした生地感、
これも少し醍醐味ではあるのですが、
夏場だと暑さが倍に感じるほどの違和感…

この着用感の良さに加え、
しっかりと出るアタリが最大の特徴かと。

 

また長ーーーくなりそうなので、、
この続きは実際に穿いていただく際にでも。

ご清聴ありがとうございました。

 

初冬

連休中の営業時間は、
下記の内容となります。

11/21(土) 12:00~19:00
11/22(日) 12:00~19:00
11/23(月) 12:00~19:00

宜しくお願い致します。

 

 

 

 

昨日、今日と11月とは思えない暖かさでしたが
来週はまた冷え込むようで、、

体調にはくれぐれもお気を付け下さいませ。

 

吊編

 

 

本日は中々にマニアックな、、
これまた拘りに拘り抜いたスウェット2型のご紹介です。

 

 

 

 

Dapper’s
Classical After Hooded Parka
– Special Sewing Model –

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

和歌山県のニッター協力の下、
編み立てた丸胴吊り裏毛起毛を使用し、
オール2本針縫製にて完成した後付けパーカー。

30’sの後付けパーカーをベースに再構築し製作された、
スペシャルソーイングモデルとなります。

なかなかハリとコシのある生地感に、
裏毛起毛による抜群の暖かさが着応えのある一着に仕上げられています。

両V仕様で筒編み変形袖口リブ、
腰リブにはDapper’sアイコンのサイド縫製、
そして袋状裏縫いに縫製されたセパレートのポケット。

錚々たるディテールが
只事ではない雰囲気を匂わせます。

 

マニアックな仕様ながらも
そこは身近な存在のスウェットパーカー。

抜群の保温性と動きやすさがインナー、アウターとして活躍する
今時期のワードローブとしてオススメでなのでございます。

 

 

続きましてはコチラ、

 

 

 

 

Dapper’s
Classic Double V Sweat
Special Sewing Model
-Custom-

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コチラも和歌山県のニッター協力の下、
製作された両Vスウェット。

30’sの両Vスウェットをベースに、
Dapper’sのフィルターを通し製作された
スペシャルソーイングモデルとなります。

編み立てた丸胴吊り裏毛起毛を使用し、
UNION SPECIALの4本針フラットシーマを用いて
40番綿糸縫製にて仕上げたられた一着。

なかなかのボリューム感、裏毛起毛と相まって
コチラもやはり抜群の暖かさ。

両V仕様で衿周りの縫製もヴィンテージ同様にし、
腰リブにはDapper’sアイコンのサイド縫製、
脇下にはピボットスリーブ(フライス)といった
やはりモリモリのディテール。

更には古着でも見ることも少ない
Zipを後付けしたカスタム仕様として仕上げられています。

 

と、、、

ついつい眉間にシワを寄せながら
細部まで眺めてしまいそうな2型なのですが、、

和歌山県のニッター協力の下に編み立てられた
“丸胴吊り裏毛起毛”による
モチモチでふんわりとした生地感が特徴の究極のスウェット、

是非是非お試し下さいマセ。

 

切札

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

JELADO
55Denim Jacket
-Lot.406XX-

 

 

 

随分とお待たせしてしまいましたが、、、

本日、待望の入荷となりました。

 

 

1950年代初期の “Levi’s501XX” のDEAD STOCKの生地を分解し、
米綿にこだわり綿から選定し、糸の太さ、繊維長の長さ、撚り回数をなど
科学的なアプローチにより辿り着いた、、

“LAST RESORT (伝家の宝刀)”と名を打つ至極のオリジナルデニム生地。
(インディゴのカラーや生地の打ち込みの本数など全て解析したデータをもとに再現されています。)

 

この拘りに拘りぬいた生地を使い、
いわゆる “2nd Type” といわれるデニムジャケットをベースに
仕立てられた 55Denim Jacket -Lot.406XX-です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

当時のヴィンテージJKTを参考に糸の色、糸の太さを合わせて縫製。

デニムの生地の向きや、襟の付け方、ボタンの位置やステッチの幅など、
当時のディティールをとことん迄再現したデニムジャケットとなります。

もちろんフラップ裏には別布のライトオンスのデニムを使用し、
フロントボタンは鉄製ボタン、袖に着くリベットは銅ずくのオリジナルリベット、
レーヨン製の赤タブなどもそのままヴィンテージ同様に再現しています。

 

 

 

 

 

 

普遍的な物を更に掘り下げ、
その物と真摯に向き合い不動の物に昇華する、

歴史を紐解き、憶測を少しづつ確信にしながら

愚直過ぎるほど鍛錬に鍛錬を重ねて鍛え上げられた
正しく “伝家の宝刀” の名に相応しい一着かと。

 

 

↓以下JELADOのHPより抜粋

 

“LAST RESORT (伝家の宝刀)”について、、

私たちのマーケットのベースはおのずと知れたヴィンテージレプリカの世界。
まさにヴィンテージの王道ともいえる Levi’s 501XXの素材と向き合い、Dead Stockのデニムを解体し、国の検査機関にて生地の糸と織りの分析から始めました。
その分析した結果通りの糸を作る工程からデニム生地の製作に取り掛かったのが、こちらの”LAST RESORT (伝家の宝刀)”となります。

501XXは縦糸7番 緯糸6番で織られていると言われており、1950年代前後のアメリカは、まだ紡績技術が安定しておらず、ヴィンテージのデッドストックを解体し、分析した結果、個体によって小数点単位で太さのズレがあることが分かりました。

今回のオリジナルデニムを織り上げる糸は、分析結果に基づいて小数点単位まで再現することができました。
糸番手の太さは数字が上がるほど細くなっていきますが、その計算方法は重さが 1ポンド(約454グラム)、長さ840ヤード(約768メートル)の糸を1番手とし、長さが2倍(1680メートル)の糸を2番手、3倍(2520メートル)の糸を3番手とし、数が大きくなるほど糸は細くなるため、小数点までの番手の糸を再現することが可能となります。
その為、こちらの生地を再現するには糸の太さから作らなくては再現できないことが分かり、綿から選定し、オリジナルの織り糸を作る事となりました。

501XXは繊維長が縦糸と横糸で全く長さが異なる糸が使われており、縦糸は中長綿、横糸は超長綿が使われていました。
今回のデニムを再現するにあたって、当時の繊維長に限りなく近い綿を、当時と同じであろう米綿(アメリカンコットン)からこだわってセレクト。
綿は栽培地域によって差が出ることもあり、長繊維の綿は気温の高いエリアで、短繊維の綿は気温が低いエリアでそれぞれ栽培されています。

アメリカはそのどちらにも適する場所が有る為、双方の特色が活きた綿を栽培できる環境があるからこそ、当時の糸に近い繊維長の米綿にこだわる事が出来ました。
縦糸にはメンフィス付近の綿を集めた EMOT(イースタン、メンフィス、ニューオリンズ、テキサス)を、横糸にはカルフォルニア州で栽培されるピマ綿を使用し、糸の撚り係数も再現し、当時と同じ糸を再現することに成功。

次に、オリジナルで再現した糸をインディゴに染色!!
ここで赤みが強いインディゴか、それとも青みが強いインディゴか?
今回のJELADOデニムプロジェクトは創業してきた15年の中で、最も多い生産ロットを抱えてのモノづくりになっています。
その膨大な生産ロットのデニムを織るにあたり、デニムの再現性はもちろん、染め色の安定度、つまり色ぶれなく全てを同じ色、同じ品質で仕上げられる(品質が落ちることなく)生産の安定を基準に染色工場を選んでいます。

決めるまでには慎重に慎重を重ね、ロープ染色の工程全てを確認した後、一本一本の糸の染まり具合の均一さを見て決断しました。
お客様が今回のデニム生地を好んで頂いて、何年後かに再度購入する際、同じデニム生地を選んだ時に、色の落ち方が前回購入したものとは違うものにならないか、染めの均一具合、色の安定度が再度購入して頂けるかどうかに繋がるのではないかと考え、「この染色工場の、この安定した染めなら自信を持ってお勧めできる。」と想像し、今回の染色工場様に決めさせて頂きました。

逆にインディゴの色ブレが古着っぽい雰囲気になる、リアルを追いかけるならば多少の色ぶれがアジではないか?という見方もありますし、そういったコンセプトで作る製品であれば、違った工場さんにお願いしたと思いますが、今回のデニムはこれからJELADO が次の10年、15年に進むべく為の新定番とするため、絶対的に色ブレが少なく、継続して同色のインディゴを作るという方向で考え、決定させて頂いております。

染色は、まず紡績された原糸が染色を行う前に整経と呼ばれる工程に廻されます。
600〜900本の原糸を約6000ヤード(約 5.486m)分、ロープ状に束ね、円筒形に巻いていくこの工程で使われる設備は、某社が独自に開発したもので、整経が終わると、日本で初めて開発に成功したロープ染色機を使って、原糸をインディゴ染料で染めていきます。
真っ白な原糸はインディゴ染料の液槽に複数回通り、ローラーで絞られます。
最初は鮮やかなグリーンを呈しますが、高所まで巻き上げられる間に空気に触れて酸化していき、徐々に藍色に変化していきます。

インディゴ染料の調合、空気に触れる時間、糸のテンションを調整することで、様々な色合いのインディゴを表現でき、またジーンズ特有の色落ちに欠かせない芯白性(糸の芯まで染めない)を出すことを可能にしています。
これらは自動化された設備ではありますが、各機械の調整は、操作に慣れた熟練の技術(職人技)が必要とされます。
そのあとインディゴに染めた縦糸に糊をつけて仕上げ、やっと生地を実際に織る機屋(はたや)さんに出荷されます。

今回お願いした機屋さんは、長年セルビッジデニムを織る熟練の職人さんに依頼して、デニムの織り付けをしています。
織のこだわり今回の 501XX を科学的に解析し、当時と全く同じ糸、すなわち同じ規格の糸を再現し、織り上げる。
ここに徹底したモノづくりを行うため、その打ち込み本数通りに織れる職人さんの下で、日本で最初に稼働したといわれているTOYODA G3力織機を使用しました。
また、セルビッジもヴィンテージを解体し、当時と同じ赤耳の色に染め、赤耳を中心として左右に走る糸の本数も調べ再現。
デニム生地以外のパーツも見落とさず再現しています。
これらの幾重にもより工程を経て再現された、当時の501XXの生地”LAST RESORT (伝家の宝刀)”。
是非、実際に手に取って頂き、自分の目で確認し、自分で着込んで頂いた、拘りの生地をご堪能頂ければと思います。

 

 

何だか随分と
長-----い内容になってしまいましたが、、

あとは実際に手に取って、触れて、
確信していただきたい逸品でございます。

ご清聴ありがとうございました。

 

霜月

 

11月2日(月)、3日(火)の営業時間は
12:00~19:00となります。

宜しくお願い致します。

 

愉楽

 

 

秋も徐々に深まり、
朝晩なかなかの冷え込みを感じる
今日この頃。

自分には
走行する際の気温を予測し、
着用する衣類を悩みながら選択する、、

一番楽しい時期です。

皆様も体調には気をつけて、
装いを是非ともお楽しみ下さいマセ。

 

兼摂

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GANGSTERVILLE
SHARPER – CHECK JACKET

col : brown
size : M , L
price : 39,800 (+ tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

千鳥格子生地を使用した2釦のジャケットです。

ノッチド ラペルの程良い広さのVゾーン、
程よくウェストが括れたシルエットのトラディショナルな仕立て。
総裏仕様で保温性もあり、袖通しも滑らか。
左袖口にはロゴ刺繍をワンポイントに。

クラシカルな千鳥格子柄のポリエステル素材。
軽い着心地でカジュアルに着用いただける一着。
デニムや異素材でのコーディネートもお楽しみいただけます。

同素材のスラックスとセットアップでの着用は鉄板。
ダメージデニム等と軽く羽織るカジュアルなスタイルにも、お薦めの一着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

GANGSTERVILLE
SHAPER – CHECK TROUSERS

col : brown
size : M , L
price : 22,800 (+ tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ジャケットと同生地となる
千鳥格子柄のポリエステル素材を使用したトラウザーです。

軽い穿き心地が特徴的な
テーパードシルエットのクラシカルな1本。

クラシカルな生地感ながら、
裾に掛けて緩やかに細くなるスタイリッシュなシルエット。
短目の丈で着用も雰囲気の良い佇まいです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

トラディショナルなセットアップながら
ポリエステル素材によるシワになりにくく軽い着用感が特徴。

ドレッシーな着こなしは勿論、
スニーカーと合わせて軽快に着用いただける
オススメのセットアップです。

 

特異

 

 

 

 

 

 

JOHN GLUCKOW
Best Fleece Parka

col : black
size : S , M
price : 22,000 (+ tax)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ヴィンテージでも非常に珍しい
ロックフード仕様の “Best Fleece Parka” です。

1930年代~40年代のアスレチックパーカーをベースに、
綿100%スウェット素材にて製作された一着。

裏側が起毛のしていないループ状になっている生地で、
厚さがありながらも柔らかく着心地の良い生地となっています。

ウェストのセパレートポケットに
ロックステッチの掛ったクロスオーバーのフード、
リブはハリ抜きのリブ仕様など、
ヴィンテージの雰囲気を見事に再現しています。

軽い着心地と吸水性に優れた裏パイル仕様の生地なので、
季節を問わず長い期間着用いただけます。

ヴィンテージの雰囲気漂う、着心地の良いオススメの一着です。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

目を惹くのがヴィンテージディテールの
セパレートのパチポケットに針抜きのリブ。

アウターの袖通しがスムーズな程良い太さのアーム。

ロックステッチがザックリと縫い込まれたフードは、
首元がクロスしているので重ね着に最適な暖か仕様。

裏パイル生地の軽い着心地が
1枚でも重ね着にも心地良い体感。

シンプルな佇まいながら機能性抜群の一枚です。

 

項目

Glad Hand
Pack Tee

 

寒くなって底を突いていた
パックTeeのサイズ補充完了致しました。
天竺生地のサイズに2XLを新たに増設。

従来のフィット感と少し緩やかシルエットのサーマル
どちらも好評いただいています。

更に冷えるとThickシリーズが恋しくなるようですが…
お好みの生地とサイズをお探し下さいマセ。

※生地の種類はコチラをご覧下さい。

 

規格

 

 

 

 

 

 

JELADO
Giga Thermal

col : old navy
size : M , L
price : 19,800 (+ tax)

 

 

 

 

 

 

 

毎年人気のメガサーマルを超えるボリューム感を誇る
“Giga Thermal(ギガサーマル)” です。

コットン100%のワッフル生地で、
メガサーマルより厚さがあり硬さもある生地感となります。
伸縮性もあり、体にフィットして馴染むワッフル生地。
着て洗ってを繰り返すことで、自分の型にフィットしていきます。

サーマルながら、コットンニットのようなボリューム感もあり保温性は抜群。
袖口にもリブが付いていない為、圧迫感も無く、楽に着て頂けるのも特徴の1つ。

メガサーマルのようなタイト感も弱く、楽に着て頂ける1枚。
これからの時期は1枚で、冬本番にはアウターのインナーとして
幅広い着こなしにご使用頂ける万能なインナーです。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

ボリューミーな生地感が心地良い1枚。

メガサーマルのキュッと絞まる着心地とは変わり、
緩やかで快適な体感。

今時期ですと
一枚で過ごせるサーマル。

メガとギガ、
お好みで使い分けてお楽しみ下さいマセ。